Pictas
せきらら美容外科 > 美肌・美容 > しわやたるみに効果的なウルトラVリフト!気になる効果や料金相場、持続期間など!

2016年11月26日更新

しわやたるみに効果的なウルトラVリフト!気になる効果や料金相場、持続期間など!

お肌そのものの研究から始めた「ウルトラVリフト」、はいかがでしょうか?脳科学を利用した「美しいお肌で居続けるテクニック」。もちもち、プルプルのお肌になる!あなたもお試しになるチャンス、今かもしれませんよ!
2641 view

ウルトラVリフトの概要

しわやたるみhttps://antiaging.akicomp.com/?p=5483

ウルトラVリフトとは?

ウルトラVリフト、あるいはリードファインリフト、ショッピングスレッドリフトとは「2つの刺激」で皮膚の小じわやたるみを無くしてしまおうという技術です。

ここでは「ウルトラVリフト」という名称だけを使って説明していきます。

ところで、誰でも一度は「手のケガ」をしてしまいますが、治らないまま1年、2年と経ってしまうことはあるでしょうか?包丁で指先に切り傷を作ってしまった、熱した鍋に手を触れてしまって火傷をした…そんな経験は誰でもあるはずです。消毒液を浸し、絆創膏で指を巻いたり、軟膏を縫って包帯を付けると、1週間から10日で傷は治ってしまうものです。

皮膚の治癒力とは凄いパワーです。
傷になった部分が盛り上がり、皮膚の内部から新しい皮膚がモリモリと現れて、古い皮膚組織がはがれ落ちます。そして、傷跡が跡形もなくなってしまう。つまり、完治してしまうのです。

ウルトラVリフトとは、実はこの皮膚の力を利用した「しわ取り」「たるみ防止」の方法なのです。

ウルトラVリフトの施術方法

施術方法は簡単です。お顔のしわができやすい上唇、たるみが発生しやすいフェイスラインの皮膚に「刺激」を与えます。
それが皮膚の代謝を促すのです。つまり、わざと皮膚に穴を開け、風通しを良くさせます。穴と言っても、糸針よりもさらに細い極細の針に更に細い糸を付けて皮膚に「入れる」だけです。

つまり、皮膚に「穴」という刺激が入り、次に「糸」という異物が入るわけです。この糸は、真皮、筋膜、筋肉に置かれて行きます。非常に細い特殊な糸で、いわゆる「吸収糸」というもの。外科手術でも普通に使われるので、カラダに害はありません。

ウルトラVリフトの原理

この糸が皮膚に入り込むことで、皮膚組織が異物の侵入に対して守ろうとする力が生まれます。一番の効果は、お顔の筋肉が活発になること。たるんでいた部分にハリが生まれていきます。これを「置き糸効果」と呼びます。それだけではありません。肌内にあるコラーゲンも分泌されていきます。

こうしたコラーゲンは、皮膚を構成する大事な物質。皮膚のすぐ下に真皮という部分がありますが、その成分の70%はコラーゲンです!

コラーゲンは真皮と表皮の間にある「基底膜」にも存在しています。それも網の目のように張り巡らされていますので施術はまず失敗はありません。そして、糸は最終的には体外に排出されてしまうので、問題は発生しないのです!

ウルトラVリフトは安全?

ウルトラVリフト
http://www.hamorihihuka.jp/treatment/lift.html

お顔に直接針を刺して、糸を入れていく…それって、怖くない?もちろんプロが行う施術だから問題なしとはいうけれど、やっぱり自分の顔です!心配ありませんか?

そうですよね、極細の針とは言っても、針は針。傷が残ることはないのでしょうか?
このウルトラVリフト、不安感を払しょくするために、針は安全!という話をしていきましょう。

羽生結弦選手、横綱白鵬関、バドミントンの奥原希望選手、そして体操の内村航平選手…この4人の共通点は「置き鍼」です。針ではなく鍼、この字を使う職業=鍼灸をご存知でしょうか?羽生選手も白鵬関も耳の後ろ、つまり首から肩にかけて置き鍼を打っています。

置き鍼とは、シール状になった鍼を首筋に貼ったままにしておくことで、血行を促すこと。つまり、刺激を与えられた皮膚組織が神経を通って、脳に「痛い」という信号を出します。すると、脳はすぐさまリターンして、その皮膚付近の血管の流れをよくしていく。つまり、血行を盛んにします。痛みがある場合は血行が悪い証拠、置き鍼でも平気な場合は、カラダの不調はないのです!

でも、鍼灸の場合は「ツボ」に鍼を刺していくのでは?とお思いの方、大正解です。実はお顔にも当然ツボがわんさをあります。なぜか?それはお顔にこそ、血管や筋肉がびっしりと張り巡らされているからです。目元、口元、そして頬…ツボだらけといっても過言ではありません。

ですから、フェイシャルマッサージをしてもらうと、気持ちよくなって寝てしまうし、気分よく過ごせるのです。つまり、置き鍼を行うこと同様、ウルトラVリフトが針を用いることはお顔の刺激という面で、大変効果があるわけです。

様々な呼ばれ方の違いはあるが基本は同じ原理

ウルトラVリフトのほかにも、同じような針と極細糸と駆使した施術方法があります。例えば「リードファインリフト」「ショッピングスレッド」「ショッピングリフト」など…これはすべて同じ方法。ネーミングの違いは「糸」の違い、と施術医師の命名による違いです。

ここで注意したいのは「糸」が何種類もあり、糸の形状によってお肌のリフト感が変わっていきます。ウルトラVリフトの場合はいわゆる「普通の形状」の糸を使用するのに対し、ショッピングスレッドでは「ギザギザ」が付いている糸を使います。もちろん、目には見えないような極細のトゲなので、皮膚組織を痛めることはありません。

トゲのある方が皮膚組織でより刺激感を強めますので、しっかりとお肌を上げる効果が生まれます。ただ、トゲなしの場合はより長めの糸を使うため、肌を潤うような効果と引き締める効果があり、ご自分の希望に合わせた施術を選びましょう。

ウルトラVリフトの効果

ウルトラVリフト
http://www.skincare-univ.com/article/007658/

ここでは、ウルトラVリフトの効果をより具体的に説明していきましょう。

糸のボリュームによるハリ

ハリが失われてしまうと、お顔は凸凹になっていく…これではいくらお化粧しても、なかなかきれいに仕上がりません。ですが、ベースラインがしっかりと美しい曲線を描いていれば、お化粧もそれほど必要としなくなるものです。きれいなタマゴ型のフェイス、それには糸をどういった感覚でどれだけ真皮内に入れていくかが重要。

つまり、できるだけ多く刺激を閉じ込めることで、お肌全体がハリを取り戻すきっかけになっていく、というわけなのです。

小顔効果

ウルトラVラインの効果の一つに「小顔効果」があります。これは、文字通り「顔が小さく見える」というもの。お顔の骨格には変化はないのに、小顔に見えるのは「表情筋」というお顔に張り巡らされた筋肉の力が大きいのです。

主なものだけでも、前頭筋(ぜんとうきん)、眼輪筋(がんりんきん)、頬筋(きょうきん)、口輪筋(こうりんきん)、頤筋(おとがいきん)などがあり、しわ・たるみ・二重アゴ…など大顔の原因は全てこれらの筋肉が休んでいることが大きいのです。

筋肉への刺激、これは全身の筋肉へとつながります。血行をよくする鍼の刺激が入るだけでも大きく、さらに糸による繊維芽細胞の活性化…それがお顔全体に広がると、筋肉が引き締まってたるみがなくなり、自然と小顔に変化していくのです。

フェイスラインの引き締め

あごの下のたるみ、あごのまわりのふっくらした脂肪…すっきりしない輪郭は女性にとって気になるもの。ドクターシーラボが2012年、自社製品の愛用者に「壁に後頭部と両肩を付けてあごを引く実験をしてもらった」ところ、79%が「あごにたるみがあった!!」と愕然としている結果が出ました。

フェイスラインはあごまわり、あるいはあごの下であることから、普段気にしてはいるものの、美容優先順位ではどうしても下位になってしまいます。フェイシャルエステではデコルテを重視しますが、自分ではなかなか対策が打てないものでもあります。

フェイスラインは「下から上へ」。つまりあごから耳元へのシェイプラインが理想。ここでもウルトラVリフトが活躍します。あごまわりになぜ膨らみが付くの?デコルテに脂肪が張り付くのはなぜ?これらはすべてあご周辺の真皮の状態が眠っているから。

緊張感を取り戻しましょう!お顔の筋肉をもう一度柔らかく動かしましょう!それには、舌をベロベロと動かすのも良いですが、それだけではなかなか効果は期待できません。鍼効果と吸収糸効果があれば、自然とリフトしていきます。なぜなら、筋肉の流れがあごから耳方向に見事なフェイスラインを形作っているからなのです。

小じわの改善(ほうれい線、眉間、目の下、鼻の下、目元、口元)

小じわができてしまう理由、その第一がコラーゲンの減少です。コラーゲンはカラダの30%以上を占めています。もし体重が45kgの方の場合、15kgがコラーゲンなのです!

ウルトラVリフトを気になる部位付近に打ち込んでいくと、この刺激と吸収糸が入り込むことで、今まで動きが乏しかった眉間、目の下、鼻の下、口元、目元の筋肉が柔らかくなり、隆起することで、しわが消えていきます。これは顔が膨らむことではなく、皮膚のたるみの原因となった「コラーゲン不足」が解消されたことを意味します。

頬の脂肪が下方向に下垂したものには効果がない!

ここまでくれば「美しいフェイスラインも元通りになる」と、思わずニッコリしてしまう方もいらっしゃるでしょう。ちょっと待ってください!これだけは無理、というケースもあるんです。それが「お顔の肌引き揚げ効果」です。

あれ、今まで読んできて「デコルテをきれいにできる」「あごから耳元へのフェイスラインを美しくできる」と思っていた方、それが引き揚げる効果ではないことなのですが、お判りでしょうか??

「引き揚げること」と「引き締めること」の違い…これはバストアップと同じことです。より豊かなバストを作るには、胸の筋肉を活動的にすれば可能。筋肉は運動量や肺活量、栄養などで年齢を問わず発達できます。が、問題はいったん下がってしまったバストを引き揚げる方法はない、ということです。重力に逆らえないのは全ての動植物の宿命ですが、いったん脂肪が作られると、それを覆う皮膚組織も柔軟に伸びていきます。

ウルトラVリフトは伸びきってしまった皮膚に刺激を与えることはできますが、脂肪を減らす効果はありません。つまり、骨や皮下脂肪を取り囲む皮膚が引き締まるのですが、皮下脂肪まで「ヨイショっと」リフトすることが不可能です。ただ、お顔の見せ方として、フェイスリフトしたように感じさせることができる、程度なのです。

気になるほうれい線、たるみ、ゴルゴライン(漫画「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷の目元から斜め下に伸びるシャープなライン)、マリオネットライン(マリオネット人形の口が開く際にできるライン)…こうしたものは、ウルトラVリフトが効かないケースが多いことをご了承下さい。

ほうれい線はお顔のどの程度まで伸びているかで、消すことができるかどうかが分かります。それは、筋肉の帯びている方向で決まります。また頬が膨らみ、あまりにもほうれい線がくぼんでしまうと、引き揚げ効果のある方法でなければ残念な結果に終わってしまいます。

ウルトラVリフトのメリット・デメリット

デメリット
http://ひげ脱毛比較.com/kurinic.html

ここでは、ウルトラVリフトを試すメリットとデメリットを確認していきましょう。様々な吸収糸がありますが、どの製品を使用しても、ほとんど同じ結果になることを前提に進めていきます。

ウルトラVリフトのメリット

ウルトラVリフトのメリットは大きく分けて次の3つです。

メリット① ダウンタイムがない

ウルトラVリフトはメスを使いません。超極細の鍼と、その先端のわずかな穴に通された糸だけです。鍼は余りにも細く、内出血してもぽつぽつとしたものが見える程度で、腫れはほとんどありません。それも短時間で引いてしまうので、施術後すぐにドライブしたり、買い物にいく方も。基本的には、数日「お顔のほてり」状態がありますが、数日で完全に引いていきます。

通常、お顔の施術の場合、当日は痛みと疲労、麻酔による筋肉の硬直など、カラダに負担がかかるもの。ところが、鍼だけの施術ですから、こうした負担は全くありません!

メリット② 基本的には副作用がない

東洋医学の「鍼」と「吸収糸」という、副作用がない療法を使っているため副作用の心配がありません。

中国では鍼には様々なものがあり、中には鍼先が丸いものもあります。これは手のひらを当てて、患者さんの反応をみる「触診」に使います。ウルトラVリフトの鍼は先端がとがってはいますが、感触はほとんど触診と変わりません。

もう一つは、糸です。よく開腹手術や手足の外傷で「何針縫った」と言いますが、この場合は後々抜糸が必要になります。ところが、ウルトラVリフトの場合は、余りにも細い糸を使うため、抜糸の必要がありません。この糸は真皮内に留め置かれ、次第に体内に取り込まれて、静脈で運ばれ、カラダの外に出てしまいます。

もちろん、この糸は心臓手術などで活躍する医療専門の吸収糸。安全性は世界中でお墨付きなのです!

メリット③ 効果が持続する

多くの方が飲料によるコラーゲンやエラスチンなどを摂取していますが、飲料の効果は、胃で吸収されたあと、全身に運ばれた結果「どこの部位に効果が行くか」全く分かりません。そもそも、口から入ったタンパク質が、お顔だけに効き目がある!ということなど、あり得ません!!

もし、効果を出したい、と思ったならば、かなりの量を口にしなければなりません。出なければ、お顔に直接浸み込ませる美容液が必要。ただ、皮膚は常に新陳代謝を繰り返すので、毎日美容液を使用しなければ効果はありません。それに引き換え、ウルトラVリフトの場合は、だいたい半年から1年、2年ほどは効果が持続することから、日々のお肌のお手入れコストや、時間の短縮が可能なのです!!

ウルトラVリフトのデメリット

なにやら、若返りの効果ばかり!のウルトラVリフトですが、もちろんデメリット覚えておく必要がありますよ!

デメリット① 効果が永久ではない

半年から2年で効果が薄れてなくなってしまいます。原因はお肌に埋め込まれた糸がどんどんとカラダの中に取り込まれてしまうこと。表皮は28日周期ですが、もちろん真皮からモリモリと押し出された結果、層になって表皮へと変わっていくことから、糸だけだけは少しずつ少しずつ皮膚の内部へと隠れていくのです。

デメリット② 内出血の可能性が高い

真皮内は毛細血管が縦横無尽に貫いています。動脈から来た栄養分が毛細血管を通じて運ばれ、今度は老廃物が静脈を通して腎臓へ向かって行きます。この毛細血管は非常にもろく、紙の毛より細い針先でも破れてしまいます。その結果、担当してくれる医療関係者の腕によっては内出血の跡が出てきます。また、神経も無数に通っていることから、針先があたると痛みが起こります。

デメリット③ 新しい技術なので誰でもできるわけではない

お分かりの様に、針をお顔の気になる部分にやみくもに打っても効果はありません。ツボを知らずしてただ鍼灸師の真似をしても、ダメなのです。最近はダウンタイムが少ないということから、ウルトラVリフトを気軽に受ける方が増えてきましたが、お顔の右半分だけ「引き締まった」、もう片方は逆に「たるみが目立った」というケースもあります。即効性がある分、技術が伴いなわない施術では「失敗例」もないわけではないのです!

他の治療との違い

解説
http://igakubu.info/jmo2016yosen

ここからは、名前は似ているけど…という施術方法の中身をご紹介していきます。

ハニーリフト

ウルトラVリフトと全く同じ「置き鍼」効果を狙った吸収糸の施術。ですが、使用する糸の形状がちょっと違います。ウルトラVリフトの場合は、髪の毛よりも細いまっすぐな糸を針とともに皮膚に侵入、そして糸だけが真皮内に閉じ込められる仕組みですが、ハニーリフトの場合は「ギザギザ(=ノッチといいます)」のある糸を使います。

糸とは言っても、その形は様々。例えば「モノフィラメント」の場合は、1本のまっすぐな糸そのものでできていますが、「マルチフィラメント」は数本の超超極細の糸が絡み合って1本の糸に仕上がります。この場合は、皮膚内で解れてしまえばより広く皮膚内のコラーゲンを刺激できるわけです。

ハニーリフトの場合はノッチの付いた糸を皮膚内に埋め込むことで、特に頬などの弛み箇所を「強引に引っ張る!」ことが可能です。また、ノッチはよりコラーゲンの生成に効果がある、と言われています。ウルトラVリフトが1年から2年の効果であるのに対し、5年以上持続する引っ張り肌!が魅力。ただ、プライスもお高く、4本で20万円ほどとなっています。まとめてみますと、

ハニーリフトは30分から1時間の施術時間で、料金は20万円から60万円ほど。効果は5年以上で、ダウンタイムは2~3日、内出血のリスクはほぼ「ある」程度です。

フェイスリフト

フェイスリフトとは、2つの意味があります。

一つ目は文字通り「お顔をすっきりさせる」施術の総称です。フェイスリフト手術(切るリフトアップ)もあれば、吸収糸を使うウルトラVリフトやハニーリフトも入ります。そのほかには高周波、レーザー、超音波などでお顔の部分に照射して、すっきり効果を狙うものもあれば、ヒアルロン酸やボツリヌストキシン注射など、様々です。

もう一つは「メスを使ったお顔の施術」です。頬の弛みの原因である余分な皮膚部分を切除するのですが、皮膚は骨にしっかりとつながる部分(リガメント、といいます)をいったん骨から切り離し、再度糸で結わえる方法が必要です。

メスを使ったフェイスリフトの場合はの施術時間は3時間から5時間と長めで、料金は40万円から90万円ほど。効果は10年程度。ただ、ダウンタイムや内出血のデメリットがあり、傷跡が残ります。

フォトRF、サーマクール

フォトRFやサーマクールとは、「フォトフェイシャル」という脱毛治療で有名な光治療方法。脱毛の場合は、毛穴の奥にあるメラニン(毛根部分)の黒部分だけを照射できる機能を使って、毛根を焼き切りますが、これは同時にシミやくすみの黒色部分を焼いてしまうことで、肌そのものを「開放」してくれる原理を応用するのです。

お肌は表皮にくすみがあると、皮膚内の真皮からみると、天井がつっかえたような状態になります。ほくろがあると、その下の皮膚はなかなか表に出て来られないのと同じ。そこで真皮層を活性化するレーザー波を使うわけです。高周波や光と言われますが、全てレーザー光の種類を指します。皮膚の若々しさを真皮層から改善するためのきっかけを作る、肌治療といえばお分かりになるのではないでしょうか。

施術時間は30分ほど、ダウンタイムや内出血のデメリットはありません。料金も1回1万円から~とお手頃ですが、効果は数か月間。

ウルトラVリフトの料金

お金計算
http://hoken-research.com/gakushi/kiso/keisan.html

では、ここからはウルトラVリフトの料金についてご紹介していきます。どうやって料金が設定されるかをまず知っておきましょう。

料金は糸の本数で決まる

鍼灸同様、施術は針をお顔に打っていきます。鍼には糸が巻かれており、料金はこの糸の本数を基に計算されます。一回の施術では本数がだいたい決まっていて、クリニックによっては1部位で30本から40本。フルフェイスになると、50本から100本というところが標準です。

40~60本で平均約18万円

料金はクリニックによってばらつきがあります。1本3,000円程度で、50本なら15万円というクリニックもあれば、20万円(1本あたり4,000円)というところもあります。もちろん、1本だけ…ということはなく、料金設定にはまとめて50本、となっています。フルフェイスの場合は100本、30万円というクリニックもあります。

ウルトラVリフトの持続期間!

砂時計
http://utsumi-project.org/goods/

ウルトラVリフトって、どのくらい「持つ」の?気になるのはせっかくの美しさの「賞味期限」ですね!見てみましょう。

効果は1~2年

効果は限定的。その理由は「吸収糸」がどのくらいの期間、皮膚の組織内に留まっているか?に尽きます。

ウルトラVリフトで使われる吸収糸は「PDS」というものですが、なぜこれが使われるのかというと、答えは非常に簡単です。つまり「体内で吸収されにくい糸」だからなのです。本当に吸収されないと、永遠にコラーゲンやエラスチンが増産され、いくつになってもお肌がプルプルになるはず。ですが、そうはいきません。そこで、最も肌組織内に留まる時間が長いPDSを使うのです。

PDSの皮膚内での待期期間は「182日~238日」。そこで、最大日数を240日と考えて8か月という時期を割り出します。吸収糸が体外に排出されても、コラーゲンの増産はしばらく続くことから、約1年はウルトラVリフト効果が続くことが分かります。医師によっては糸の本数を多くすることで、最大2年の効果がある、と説明できるのです。

ウルトラVリフトの術後の経過

素肌女性
http://rivimadison.com/

ウルトラVリフトは、針と糸による施術ですが、痛みや内出血などはあるのでしょうか?

ダウンタイムはほとんどなし

針を使った施術ですから、術内では若干の痛みがありますが、麻酔クリームを塗ったり麻酔注射を使うため、術後の痛みはほとんどありません。

赤みや腫れはほとんどなし

肌への侵襲(針の侵入)は非常に細かいもので、皮膚内の血管を破ったり神経に触れることはごくわずかです。また、お顔の皮膚は常に外気にさらされていることから、新陳代謝が早く、真皮内も組織の活動が活発です。ですから、赤みや腫れなどはまず避けることができます。

糸が完全に溶けるのは約8ヶ月

PDSは正確に言うと「肌の中で溶ける」訳ではありません。溶けてしまうのではなく、分解されて静脈を通り、体外に排出されます。8か月の根拠は、糸の数の多さ。1本2本ならば、糸が刺激となり、糸周りの皮膚組織が一斉に活動を開始するため、組織内の新陳代謝が盛んになります。ところが、数十本針打ちをしますと、糸が吸収される速さは極端に遅くなります。

術後の経過がよく分かるおすすめブログ!

ウルトラVリフトの施術。その一部始終を見てみたい!そういう方にお勧めのブログをご紹介いたします!

「ごろごろ」

http://plaza.rakuten.co.jp/neconekko/diary/201312080006/

ウルトラVリフトの失敗事例や副作用

副作用
http://にんちしょう.com/dementiadrug

ここまで、ウルトラVリフトが「間違いなし」という紹介を連ねてきましたが、当然失敗事例や副作用があることも知っておきましょう。表には出ない情報をここで並べて見ます。

ウルトラVリフトの失敗事例

まずは、大事な「失敗例」から。

痛みや腫れ

針を打ち、針に絡ませた糸を皮膚内に侵襲させていく施術、ウルトラVリフト。痛みも腫れもなく…と説明してはいるのですが、中には「凄く痛かった!」「顔がパンパンに腫れた」「口を開けるのも大変だった!」などという方が意外にいらっしゃいます。

左右の顔の膨らみ方が変

仰向けになって針を打ち込んでいきながら、ある程度の数を打ち込んではいったん体を起こして、鏡を見て確認。その後再び仰向けになって…と繰り返すのですが、人によっては「左右の顔の膨らみ方が変」という方も、極まれにあるようです。

顔の表面がぼこぼこ

施術の中には、針によってお顔の表面がぼこぼこになってしまうこともあります。理由は針の打ち方が浅いために起こります。そもそも、糸は針にたるませているのですが、これ自体が非常に細くて見えづらい。数十本の針をしっかり確認して、一本ずつしっかりと打ち込んでいかないと、針先の糸が皮膚内に侵襲しません。

この場合、糸が皮膚の表面にほぼ近い場所で滞留してしまい、ミミズ腫れのような跡が残ってしまいます。

ウルトラVリフトの副作用

では、副作用はないのでしょうか?

手術直後に顔がむくむ

お顔に針を打ち込んだ時点で、むくみが生じることがあります。特に細いお顔の方が、パンパンに膨れてします例があります。

これは、お顔の「ある場所」に針を打ち込んだから…というわけではありません。原因はお顔の筋肉が硬直した状態でウルトラVリフトを始めたために生じた、と考えるべきです。例えていうなら、激しい運動の前の準備体操。体を柔軟にする運動を5分、10分やっておくことで、血液の循環を良くしてケガを防止する効果もあります。

ウルトラVリフトの場合、施術前にお顔のマッサージをすることで、極端なむくみがなくなります。

まれに内出血が生じる

内出血とは、針を打った場所が黒い点となって、跡が残ることをいいます。これはお顔に施術する前の状態がしっかりとコントロールできない場合に起こる症状です。

内出血とは、血行が盛んになっていることで、血管に針が刺さり破れた部分から一気に血液が出てくることを言います。むろん、ドバドバと血が出てくるのではありませんが。お顔を軽くマッサージすることで、血行は良くなりますが、あまりにも盛んだと、こうしたことが起こるため、手加減が必要なのです。

上手な医師の場合は、お顔の硬さやたるみに合わせたマッサージを行い、施術の時の痛みを取ります。それでいて、針を打ち込んだ際の内出血を、うまく「散らしてしまう」ことができます。散らす、とは止めることも意味します。回復期を早く設定できるのです。

ウルトラVリフトの成功談&失敗談

女性喜びhttps://model.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/24_251_247/products_id/301645

ウルトラVリフトをやって「良かった!」「失敗した、しなけりゃよかった」という2つの例を見てみましょう。

成功事例

まずは成功した例を3つ挙げます。

成功事例①

ウルトラVリフトで思い通りの小顔に変身できました。3日後に会社で「なんか顔小さくなった?」と言われ、満足。ちなみに、25歳なので、予防としても続けて行ければこのままの顔で結婚できるのでは?とウキウキしてます。

成功事例②

有名な東京のクリニックで施術を受けました。九州から一大決心して旅行のつもりで上京。痛みはないし、時間も1時間ほどで終わり、麻酔もすぐに取れて都内で2泊して地元に帰りました。フェイスラインがすっきりして、同居の親も会社の同僚もびっくり。

成功事例③

ウルトラVにチャレンジした理由は、まだまだ20代なので、本格的なフェイスリフトは不要だと思ったからです。若いうちに肌年齢を若く保つことができればいいな、と思ってました。
40本入れたんですが、リフトアップは結構いい感じ。
3日だけむくみがありましたが、メイクで隠してうまくしのぎましたよ!

失敗事例

次に失敗事例を列記してみます。

失敗事例①

40代です。頬の弛みが目立つようになり、施術してもらいました。たるんでいる部分を引き上げる効果がある、と説明され、期待したのですが、術後もあまり効果なし。手術前に写真を撮ってもらい、術後と比較しましたが、変化がありませんでした。また、目元に糸を入れられたせいか、クマのようになってしまい、今度は目元にたるみができる始末です。化粧でもカバーできず、本当に悔しい限りです。60万円近くを支払ったのに!

失敗事例②

事務職の30代です。なかなか休みが取れないので、有休を使ってクリニックでウルトラVリフトをやってみました。効果は確かにあったのですが、痛みがなかなか取れず一カ月たった今でも肩こりのようなズンズンとした痛みが顔に残っています。
ダウンタイムはほぼありません、と医師に言われたのが余計腹立たしいです。顔にハリが出ても、重苦しい感じが抜けないので、なかなか外出もできないでいます。

失敗事例③

ウルトラvリフトを20本してみました。ハリを打った跡がぶつぶつに隆起して、いぼのようになり、みっともない。
施術した医師に相談すると、皮膚はどうしてもリスクがあるし、肌が弱いかどうかはわからない、の一点張り。普通のいぼならしょうがないけど、ハリでできたいぼでしょ!おかしいじゃないですか!
時間が経てば治る…としか言われず、本当に困っています!

当サイトおすすめクリニックはズバリここ!

せっかくフェイスリフト治療をするなら、効果を感じられる治療を受けたいところ。
そこで今回はお肌の若返り治療の施術実績が多く、失敗が少ない当サイトおすすめのクリニックをご紹介します!

初めての方におすすめ!品川美容外科!

品川美容外科

創立から28年、治療実績は500万件以上、全国45院の規模を誇る品川美容外科。

大手ならではの高品質で最新の施術方法を取り入れながらも、比較的安価な価格で若返り治療を受けることができ、初めて整形をする方には特におすすめのクリニックです。

フェイスリフト治療の中では、傷跡が気にならない美肌アモーレリフトと呼ばれる最先端のフェイスリフト治療方法が人気です!

フェイスリフト治療の料金

美肌アモーレリフト 170,000円(会員価格 136,000円〜)

品川美容外科の公式サイトはこちら

東京の方におすすめ!もとび美容外科クリニック!

もとび美容外科クリニック
http://www.motobi.jp/

顧客満足度の向上に非常に力を入れており、常に口コミサイトでも上位に入る人気のクリニックです。
東京や東京周辺にお住まいの方にはとてもおすすめです!

ホームページ上でも非常に多くの症例を公開しているので、フェイスリフトを検討している方はぜひ一度チェックしてみてください。

フェイスリフト治療の料金

もとび式フェイスリフト 468,000円(モニター価格 348,000円)

もとび美容外科クリニックの公式サイトはこちら

口コミで評価が高いおすすめの美容外科まとめ

お勧め女性
https://carlor.jp/articles-088

ここでは、強力な口コミでプッシュしたい美容外科を羅列していきます!

東京でウルトラVリフトなら東京イセアクリニック 

東京イセアクリニック
www.tokyoisea.com

クリニックの概要

ベテランの医師ばかりが担当することから、とにかくカウンセリングに力が入っています。口コミの好感度もずば抜けており、ここなら安心。高飛車なところはありません!!

ウルトラVリフト(リードファインリフト)の料金

20本…70,000円
40本…130,000円
60本…180,000円
80本…220,000円
100本…280,000円

口コミ

ほかのクリニックより安めなので、大丈夫かなと思いましたが、本数も思ったより少なめでした。ドクターはとても親身で、これ以上は必要ないですねとあっさり。施術もしっかりしていて、内出血もほとんどなく成功でした!

大阪でウルトラVリフトなら恵聖会クリニック

恵聖会クリニック
http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3015612

クリニックの概要

一般的な「美容外科臭」の少ない、クリニックとして有名。一部保険診療も積極的に行うなど、手わざの上手さが口コミで広がっています。切開施術が得意で、ドクターは全て形成外科の専門医です。

ウルトラVリフトの料金

20本…70,000円(キャンペーン価格 50,000円)
40本…150,000円(キャンペーン価格あり)
80本…240,000円(キャンペーン価格あり)
100本…320,000円(キャンペーン価格あり)

口コミ

頬が垂れている感じで悩んでいました。どういう施術なのか、お金はどのくらいかかるのか、顔にメスを入れるのか…心配していたことを全てカウンセリングでお話ししました。先生はしっかりと相談に応えていただき、お任せしました。信頼できる先生に出会えたので、顔をお任せする気になったのです。施術後は効果がテキメンで、若返りました!!

名古屋でウルトラVリフトなら水の森美容外科名古屋院

水の森美容外科
http://www.designreform.jp/ 

クリニックの概要

ウルトラVリフトの糸を「金」にしたことから、「金の糸」という施術名で行っています。ただ、水の森美容外科ではボトックスなどの注射処方に主眼を置いており、金の糸はあくまでも肌の潤い目的で施術している特徴があります。

名古屋、大阪、銀座に加え北海道北見にクリニックをオープンさせています。
特徴は、医師が若手であること。得意不得意があるため、金の糸のような施術は意外に穴場。慎重に対応してくれます。

ウルトラVリフトの料金

金の糸 頬 450,000円(スペイン製の金糸、0.1mmを使用)

口コミ

竹江院長の技術は高い。ここなら院長に施術をお願いすべきです。金の糸リフトはアンチエイジング効果がある、と言われて受けましたが、予想以上の効果がありました。

福岡でウルトラVリフトなら城本クリニック

城本クリニック 福岡
http://fukuoka.nasse.com/shop/4952/

クリニックの概要

城本クリニック福岡院は福岡圏では著名なクリニックの一つ。開業医が多い中、広い年代層の支持を受けています。

福岡院の医師3人はいずれも長崎や岡山など他の地域クリニックを巡回。かなり多忙な中技術を習得しています。施術例が多くなると、クリニックの中には看護師が行うケースもあります。城本クリニックの場合は全て医師が行う施術、カウンセリングなどが好評です。25年にも及ぶノウハウは非常に安心できます。

ウルトラVリフトの料金

ショッピングスレッドリフト20本 68,000円
ミラクルリフト1本 50,000円
金の糸 300,000円 など

口コミ

CMで有名なので、こっそり予約しました。ショッピングスレッドをお願いして、40本入れました。施術後は3日くらいは少し腫れたかんじですが、そのあとは腫れも引いてふっくらとした顔になって自分でいうのもなんですが、みずみずしくなったのでとてもうれしいです。術後の結果は人それぞれと言われましたが、激変ではないようにお願いしたままうまくいきました!

札幌でウルトラVリフトなら大塚美容形成外科

大塚美容形成外科札幌
http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100326

クリニックの概要

北海道各地から施術を希望する患者が集まる、札幌は激戦区です。大手美容外科クリニックは競って開業していますが、医療法人のクリニックもかなり多く、有名です。

ウルトラVリフト(スピーディリフト)を独自の方法で行っている、大塚美容形成外科。リフトも数種類あり、ハッピーリフトなどの糸に突起があるものなど、かなり多く扱っています。大塚美容外科は札幌では超有名、まずはここに通院するのが常識、とも言われるほど。

ウルトラVリフトの料金

スピーディーリフト 頬・輪郭60本 240,000円

口コミ

スピーディリフトはほかのクリニックではあまりやっていないので、ここに来ました。ヒアルロン酸注射やボトックスだと効き目が短いと思ったんです。ドクターも親切だし、看護師さんも丁寧だったのでよかった。ただ、術後に糸が皮膚の外に出てきて引っ張ったときにちょっとひりひりしたのが気になりました。ただ、ほうれい線も消えて、満足。

韓国(ソウル)でウルトラVリフトならルビークリニック!

ルビークリニック ミョンドン
http://www.konest.com/contents/clinic_mise_detail.html?id=4765

クリニックの概要

韓国では有名なルビークリニック。場所は韓国の原宿、と言われる明洞(ミョンドン)にあり、ショッピングにも最適。
レーザー機器は最新鋭を揃え、シミの除去や若返りケア、誹謗吸引や移植で人気のクリニックです。日本語コーディネーターもいますので、言葉にも安心です。

ウルトラVリフトの料金

ウルトラVリフト(30~40分) 糸10本基準  60,000ウォン~(5,800円~6,000円程度~)

口コミ

比較的庶民的なクリニック、日本語の通訳もいるということで利用しています。部位を細かく指定してリフトしてくれるのがうれしいですね。慣れっこになる看護師もいるので、そこだけはちょっと気がかりですが、しっかりこちらで確認してください!といえば、対応してくれます。仕上がりはとてもよくて、感謝ですね。

まとめ

ウルトラVリフトは様々な呼び方がありますが、韓国と日本で非常にポピュラーなお肌対策の施術と言えます。鍼の技術と吸収糸の理論は、リスクの最も少ないアンチエイジング。ぜひ、カウンセリングのひとつに、このウルトラVリフトを要望してはいかがでしょうか?明日の爽やかな笑顔のために、さあ一歩を踏み出しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

鼻尖縮小で解決できるお悩みは?気になる痛みや術後の経過、失敗事例や再手術など鼻尖縮小に関する全てのこと!

だんご鼻など鼻の形をコンプレックスに感じている人にとって鼻尖縮小の手術は、夢のような手術のように感じますが、実際に鼻尖縮小を行おうと思うと、術後の経過や痛みなどがとても気になるものです。鼻尖縮小の手術は、失敗はないのだろうか。不安や疑問を解消することができるように、鼻尖縮小の手術について成功事例だけじゃなく、失敗事例も含めて全てのことをお伝えしていきたいと思います。

多汗症の種類や手術方法!保険は適用可能?気になる後遺症や手術費用など多汗症手術の全てご紹介!

特別暑いわけでもないのに急に汗をかいてしまうことってありませんか? 汗をかくタイミングは、緊張するような場面に遭遇した時だったり、特別意識している訳でもないのに汗が出て止まらなくなったりと、原因や症状が統一されていないからこそ困ってしまうものです。このように暑いわけでもないのに何かが原因となってたくさんの汗をかいてしまう症状のことを「多汗症」と呼び、種類もいくつかあります。 多汗症の症状に悩まされているという人は多く、手術によって改善している人も実は多いのです。そこで多汗症の種類や手術方法、手術に関する疑問点などについて紹介していきたいと思います。

二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?

今日美容整形を受ける人の数は増加傾向にあります。 その中でも特に人気が高いのが「二重整形」です。 目は顔の印象を決める非常に重要なパーツなだけに悩む人が多いんですね。 この記事をご覧の方の中には、現在二重整形を受けるか悩み方という方も少なくないのではないでしょうか? しかしやはり気になるのは痛みや術後の経過ですよね。 そこで今回は「二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?」というテーマでお送りしたいと思います。

切開法による二重整形の施術方法とは?切開法のメリットや失敗事例、料金相場や評判の クリニックなど全て紹介!

最近ますます美容外科クリニックを訪れる人の数は増えており、様々な施術の中で特に人気が高いのが「二重整形」です。 二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がある事はみなさんもご存じだと思いますが、今回は「切開法」にスポットライトを当てて、気になる施術方法やメリット、そして知っておくべき失敗事例や料金相場について徹底的にご紹介させていただきます。

涙袋整形がばれるきっかけとは?気になる値段とおすすめの経過ブログ、 料金相場より安いクリニックを全てご紹介!

笑った時などに目の下にある膨らみが涙袋。 女優さんや可愛い人たちを見てみると、だいたい涙袋がぷっくりしてますよね。 涙袋一つで印象が劇的に変わります。”可愛い”や”優しい”印象を与えることができます。 いまは化粧などでわざわざ涙袋を書く人が多いですが、毎日書くのは面倒だし 安定しないですよね。すっぴんとの差も気になるところです。 そんな方におすすめするのが、涙袋整形!意外と安価でさくっとできちゃいます。 ですが、涙袋整形には落とし穴も…!! では、今注目の涙袋整形の良いところ・悪いところ、両方ご紹介します!

新着まとめ

最新の記事をご紹介!

アクセスランキング

人気のまとめ記事

関連する特集

新着の特集

スポンサー広告