Pictas
せきらら美容外科 > 目元・二重まぶた > 二重整形 > 二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?

2017年07月08日更新

二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?

今日美容整形を受ける人の数は増加傾向にあります。 その中でも特に人気が高いのが「二重整形」です。 目は顔の印象を決める非常に重要なパーツなだけに悩む人が多いんですね。 この記事をご覧の方の中には、現在二重整形を受けるか悩み方という方も少なくないのではないでしょうか? しかしやはり気になるのは痛みや術後の経過ですよね。 そこで今回は「二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?」というテーマでお送りしたいと思います。
107 view

二重整形の施術方法は2つ!

女性の特写・目
http://www.jpkabegami.com/photography/13841/download/wallpaper12.html

二重整形の施術方法は大きく2つに分ける事が出来ます。
1つは「埋没法」そしてもう1つは「切開法」です。
まずは両者の施術方法についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

埋没法とは

手術用の縫合糸と持針器
http://ope-biyou.seesaa.net/article/26491262.html

埋没法とは簡単に言うと「切らない二重整形」です。
特殊な糸を使って、目蓋の裏から作りたい二重のラインに沿って何か所かを留める施術です。

埋没法の概要

埋没法はメスを使わずに、髪の毛より細い医療用の針と糸を使って二重ラインを形成する施術です。
目蓋の裏を何か所か留めるだけという手軽さから「プチ整形」として非常に人気があります。

埋没法のメリット

それでは埋没法のメリットをご紹介していきたいと思います。

切らずに済む!

やはり一番のメリットは切らないという点です。
メスを入れないので身体にとって負担が少なく、術後の腫れやダウンタイムも比較的少ないので、仕事や学校をなかなか休めないという方にとっては嬉しいですよね。

失敗してもすぐ修正ができる!

埋没法は目蓋の裏を何か所か留めるだけです。
目蓋の皮膚の厚みや脂肪の量によって何か所留めるかは変わってきますが、万が一形成した二重ラインが気に入らない場合でも、糸を外すだけですぐに修正が可能です。

比較的値段が安い!

埋没法はプチ整形と呼ばれていますが、身体に負担が少なく気軽に受けれるという事に加え、施術料金も比較的安価です。
クリニックによって施術料金は変わってきますが、今はなんと1万円以内で施術を受ける事が出来るクリニックもあるんですよ。
これなら学生の方でもお小遣いで二重にする事が出来ますね!

埋没法のデメリット

それでは次に埋没法のデメリットをご紹介していきます。

持続期間が短い

埋没法は残念ながら永久的に効果を保証する施術方法ではありません。
もちろん半永久的に持続する人もいますが、逆に持続時間が短い人もいます。
①瞼が腫れぼったい
②目が窪んでいる
③目の開きが悪い
④よく目をこする
⑤幅広の二重を形成した
このような人は持続時間が短い可能性があります。

戻ってしまう可能性

埋没法によって形成した二重が戻ってしまう可能性は「○パーセント」と数字で表す事は出来ません。
先にもご紹介した通り、人によっては持続期間が短い事もありますが、10年、20年と形成したラインを保っている人もいます。
しかし施術を受ける際は戻ってしまう可能性はゼロではない事をしっかり理解した上で受けるようにしましょう。

切開法とは

手術135
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%A1%E3%82%B9&srt=dlrank

次はもう1つの二重整形の方法である切開法についてご紹介していきます。
切開法というのは、瞼にメスを入れて一部分もしくは全部分を切開する事で二重ラインを形成する方法です。

切開法の概要

切開法には瞼の皮膚を目の幅に合わせて全体的に切開する「全切開法」と瞼の皮膚の一部を切開する「部分切開」の2種類があります。
それぞれの施術方法について詳しくお話していきます。
-全切開-
全開法は、その名の通り瞼の皮膚を目幅に合わせて全体的に大きく切開する方法です。
二重ライン形成と同時に、瞼の皮膚の弛みを除去したり、余分な脂肪を取り除き腫れぼったさを解消する「ROOF切除手術」目を開きやすくして大きく見せる事が出来る「眼瞼下垂手術」をする事が出来ます。
-部分切開-
部分切開は、瞼の一部のみを切開して二重ラインを形成する方法です。
埋没法と全切開の中間に位置する方法と考えていただいてもよいかもしれません。
全切開に比べメスを入れる範囲が小さいので、それだけ内出血や腫れも少なくなり、ダウンタイム
も短くなります。

切開法のメリット

それでは切開法のメリットについてご紹介していきます。

戻ってしまう心配がない!

切開法の一番のメリットは、皮膚を切る事で内部組織が癒着するので形成した二重ラインが元に戻ってしまう事事がないという事です。

くっきりとした二重が作れる!

切開法のもう1つの大きなメリットは、外国人のような幅の広い二重も作れるという事です。
瞼の脂肪が厚い人でも、埋没法と異なり希望する二重ラインを作る事が出来ます。

切開法デメリット

それでは切開法のデメリットについても一緒に見ていきましょう。

傷跡が残る可能性

切開法は瞼にメスを入れる外科手術です。
ですから体質によっては傷跡が残る可能性もゼロではありません。
もちろん施術後少しずつ傷跡は目立たなくなっていきますが、目を閉じた時に傷跡が見えてしまう事もあります。

目が閉じにくくなる可能性

切開施術の時に神経を傷つけてしまうと、稀に目が閉じにくくなる事があります。
ほとんどの場合は、切開後の腫れが引くと症状が改善されていきますが、中には二重ラインが完成した後も、目が閉じにくいままという方もごく少数ながらいます。
その場合は、修正が必要になります。

左右に差が出る可能性

これもごく稀にですが、左右同じような幅で二重ラインを作っても、完成したラインに左右差が出る事があります。
切開法の場合、埋没法と異なり修正は困難なので、医師の技量が問われる施術方法です。
ですから施術前に納得がいくまでカウンセリングを受け、執刀医選びは慎重に行いましょう。

二重整形の術後の経過

鏡を見る女性1
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E9%8F%A1&srt=dlrank

それでは今回の記事のテーマでもある二重整形の術後の経過についてお話ししていきましょう。

ダウンタイム

まずは気になるダウンタイムですが、これは埋没法と切開法ではかなり違ってきます。

埋没法の痛みのピークは2.3日!ダウンタイムはおよそ1週間

埋没法の痛みには個人差がありますが、痛みのピークは術後2,3日です。
しかし体質によっても違ってきますし、何か所糸で止めるかでも痛みや腫れの度合いは変わってきます。
一般的には、留める箇所が多ければ多いほど、そして形成する二重の幅が広ければ広いほど痛みや腫れ、そして赤みは増す傾向があります。
ダウンタイムは約1週間程度です。

切開法の赤み・腫れのピークは術後~翌日!ダウンタイムはおよそ1~2週間

そして切開法は埋没法に比べ赤みや腫れが顕著に出てしまうケースがほとんどです。
しかしピークは術後すぐから翌日で、その後は徐々に改善されていきます。
だいたい術後1週間で抜糸をするクリニックが多いのですが、抜糸が終わるまでは痛みや腫れが持続する人が多いでしょう。
抜糸で出血をした場合は、また数日腫れがおさまるのに期間を要しますが、一般的なダウンタイムは1~2週間です。
抜糸が終わればメイクも出来るようになりますので、傷跡や内出血はメイクで隠す事が可能です。

術後の経過がよく分かるおすすめのブログ!

二重整形の埋没法と切開法、概要はご理解いただけたかと思うのですが、やはり術後の経過は気になりますよね?
そこで術後の経過がよく分かるおすすめのブログを埋没法と切開法、それぞれご紹介したいと思います。
術後の経過というのは個人差に依る部分が大きいものの、実際の画像は参考にされるとよいかもしれません。

埋没法

埋没法(・3・)経過
https://ameblo.jp/mamekoro-n/entrylist.html

こちらは、埋没法で二重整形を受けた女性のブログです。
この方は何といっても「5年半」分の記録をアップされているので、術後だけでなく長期的に経過を見る事が出来ます。

切開法

二重瞼整形 ☆全切開経過ブログ☆

https://ameblo.jp/sekkaisekkai/

こちらのブログは、二度の埋没法の後に切開法を受けた女性のブログです。
記事更新が非常に頻繁で、術後の経過がよくわかりますよ!

二重整形の痛み

目がかゆいときの対処 法
http://www.skincare-univ.com/article/011311/

これから二重整形を受けたいと考えている方にとってやはり「痛み」というのは気になる問題ですよね?
そこで二重整形の痛みについても少しお話ししていこうと思います。

局部麻酔の時に少し痛む

二重整形は埋没法にしても切開法にしても局部麻酔を行いますので、痛みを感じるのは麻酔をする瞬間だけです。
注射針を刺す瞬間にチクっとした痛みを感じるだけなので痛みに弱いという方でも心配する必要はありません。
切開法の場合は、クリニックによっては、笑気ガスを用いてリラックスさせたり、希望によっては全身麻酔も選択できるところもあります。
]

術後の痛みはジンジンする軽い痛み

術後も麻酔が効いているためしばらくは痛みを感じませんが、局部麻酔の効果がきれると人によっては痛みを感じる事があります。
痛みは施術部分がジンジンするようなあくまで軽いものですし、クリニックが鎮痛剤を処方してくれますので十分それで痛みのコントロールが可能です。

痛みを軽減する方法

上を指す日本人女性
http://01.gatag.net/img/201504/07l/gatag-00000644.jpg

二重整形の痛みはごく軽いものですので心配する必要はありません。
と言ってもどれくらい痛みを感じるかというのは個人差がある問題ですのでやはり痛みに弱い方は心配ですよね。
そこで痛みを軽減する方法をご紹介していきたいと思います。

麻酔時

まず麻酔時ですが、出来るだけリラックスする事が大切です。

痛み止めテープや笑気麻酔を併用する!

どうしても局所麻酔の痛みが怖いという方は、麻酔を行う前に痛み止めテープを貼ってもらったり、少し目の上をアイスノンで冷やしてもらうとよいでしょう。
クリニックによっては、笑気麻酔を導入しているところもありますし、恐怖によってパニックを起こしてしまうような方のために、全身麻酔を検討してくれるクリニックもありますので、カウンセリング時に聞いてみると良いでしょう。

麻酔針が細いクリニックを選ぶ!

局所麻酔の痛みですが、一般的には針が細ければ細いほど痛みは軽く済みます。
ですから痛みが心配な方は「極細針」を使用しているクリニックを選べば、麻酔時の痛みもかなり軽減されますよ!

施術後

術後のジンジンとした痛みも、いくつか軽減するポイントをご紹介したいと思います。

処方された痛み止めを飲む!

ほとんどのクリニックでは施術の後に鎮痛剤(痛み止め)が処方されますが、麻酔が切れる前に飲む事をおすすめします。
痛みを感じ始める前に服用する事で、麻酔の効果がきれた後に感じる痛みは最小限に抑える事が出来ますよ。

ダウンタイム中は入浴を避けシャワーで!

二重整形に限らず「痛み」は身体を温めると強くなる傾向があります。
血行が良くなるとそれに比例して痛みも強く感じるので、ダウンタイム中は入浴は避け、シャワーにしましょう。
身体が温まらないように出来るだけ短時間で行うようにするとよいですよ。

洗顔は優しく!

洗顔は施術を受けた日からOKですが、患部は濡らさない様にしましょう。
もし濡れてしまったら、清潔なティッシュや柔らかいタオルでそっとふきましょう。

運動や辛いもの(刺激物)、飲酒、タバコは控える!

別の項でもお話ししましたが、血行がよくなる行為は一般的に痛みを増加させます。
運動したり刺激物を取ったり、アルコールを摂取すると、血行が良くなり身体が暖まることで、ズキズキしたりドクドクという感じの拍動痛を覚える人もいますので、注意してください。
そして喫煙者の方は施術後のタバコも控えるようにしましょう。
タバコに含まれるニコチンは、血液の循環を悪くして腫れを引きにくくしたり、ばい菌による感染率も高まりますので、注意が必要です。

上半身を高くして寝る!

寝る時、休む時は出来るだけ横にならず「座った」状態がベストです。
こうする事で浮腫みも痛みも軽減されます。
寝る時まで座ったままというわけにはいかないでしょうから、枕を重ねて高くして、心臓より患部が高くなるようにするとよいですよ!

あまり下を向かないようにする!

下を向くとどうしても、患部の血流が良くなりドクドクといた拍動痛を感じてしまいますので、なるべく下を向かないように生活するようにしましょう。

軽く冷やす!

患部をアイスノンやケーキなどを買った時に貰える保冷材で冷やすと、痛みが軽減されるだけでなく、腫れが引きやすくなるのでぜひ試してみてくださいね!
直接当てると冷たいので、ガーゼ地のハンカチなどで包んでから当てるとよいですよ。

すぐに受診したほうがよい症状

問診するドクター01
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E8%A8%BA%E5%AF%9F&srt=dlrank

二重整形の施術を受けた後は、ある程度の痛み・内出血・腫れは誰にでも出る症状なので心配する事はありません。
しかし、中には受診が必要な症状もあります。
以下のような症状は、すぐにクリニックに連絡を取り医師の診断をあおぎましょう。

目を開けられない程の痛みは注意!

あまりにも痛みが強く目が開けられないほどの痛みを感じたる場合は、糸が目が出てきていたり、糸がまつ毛に絡まっていたり、もしくは強い炎症を起こしている可能性も考えられます。
痛みの感じ方というのは極めて主観的な問題ではありますが「目が開けれない」というのは尋常ではないので受診が必要です。

強い異物感がる場合は注意!

また、痛みというより目の中にゴロゴロと強い異物感を感じる時も受診が必要です。
留めたはずの糸が取れてきていたり、糸を留めた部分が何らかの理由で眼球に当たっている可能性もあり、その場合は修正が必要なのですぐにクリニックに連絡を取るようにしましょう。

二重整形の失敗事例やリスク

落ち込む日本人女性
http://01.gatag.net/tag/%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%82%80/page/2/

二重整形は美容整形施術の中でももっともポピュラーなものの1つで、満足度が高い施術でもあります。
しかし、残念ながら失敗事例がまったくないわけではありません。
そこで二重整形の失敗事例やリスクについても触れておこうと思います。

二重整形の失敗事例

まずは二重整形の失敗事例についてお話していきます。

糸が瞼に残ってしまった(埋没法)

これは非常に稀なケースではありますが、埋没法で、瞼を留めた糸が瞼の残ってしまうというものです。
一見瞼にゴミがついているように見える事が多いのですが、自分で対処するのは不可能です。
いったん抜糸して再度施術という事になります。
保証期間内であれば無料でやり直してもらえますので、すぐにクリニックに連絡を取るようにしましょう。

希望の二重にならなかった

これは失敗と言えるかどうかはわかりませんが、腫れが引いた後も希望の二重ラインにならなかったというケースは少なくありません。
瞼の状態によっては、埋没法では形成出来る二重ラインには限界があります。
この点も含め、カウンセリング時に担当医師と十分なコミュニケーションを取る事でこれは回避出来ます。
しっかり自分の希望を伝え、医師の意見に耳を傾けるようにしましょう。

腫れが引かない

腫れが引くまでの期間は個人差がありますが、術後直後~2,3日レベルの腫れが引かないというのは何らかの感染症の可能性もありますので、すぐに受診しましょう。
腫れは、埋没法でも切開法でも完全に引くまでには6か月程度かかる人もいますので、心配な方は一度受診されると安心できますよ。

すぐに元に戻った

埋没法の場合は、施術後に糸が取れてしまってすぐに元に戻ってしまう事があります。
瞼の脂肪が厚かったり、目を開ける力が弱い、留めた箇所が少ない場合に起こりがちです。

傷跡が目立つ

施術後の傷跡が目立ってしまうのは、切開法を受けた方に起こりがちな事例です。
体質にもよりますし、切開した範囲にもよりますが、切り傷が残りやすい体質の方は切開痕も残りやすい傾向があります。
これも完全に癒えるまでにはある程度の期間を要しますので、長いスパンで経過を見守った方が良いかもしれません。
あまりにもひどく傷跡が残った場合は、再施術やレーザー治療によって修正する事も可能です。

しこりが残ってしまった

埋没法を受けた方の中には瞼にボコっとした「しこり」が残ってしまうという事例があります。
これは抜糸後の一般的な経過で、数か月間は、赤みが目立ったりしこりになりますが、時間の経過と共に改善されていきます。
半年以上たってもしこりが目立つ場合は、施術を受けたクリニックを受診して診断をあおいだ方がよいかもしれません。

炎症がおきた

埋没法に使用した糸が原因で炎症を起こしたり、切開法の切開痕が炎症を起こす事は珍しくありません。
しかし、通常は数日で治まっていきます。
それが数週間~数か月続いている場合は、再施術が必要な場合もありますので自己判断せずに執刀医の診断をあおぐようにしましょう。

二重整形の後遺症

それでは次に二重整形の後遺症についてもお話しておこうと思います。

視力が下がった

二重整形の施術を受けた方の中には、視力が下がってしまったという症例も報告されています。
通常は、一時的な症状で、腫れが引けば視力は回復してきますが、中には薄い膜がかかっているような「霧視」と呼ばれる症状が出てしまう事もあります。
炎症、角膜についた傷が原因の事が多いので、施術を受けたクリニックだけでなく眼科も受診するようにしましょう。

二重整形が失敗する確率はどれくらい?

考える女の子2
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%96%91%E5%95%8F%E3%80%80%E5%A5%B3%E6%80%A7&srt=dlrank

別項でも少し触れましたが、二重整形は今日の美容クリニックの施術の中ではもっともポピュラーなものです。
二重整形が失敗する確率というはいったいどれくらいなのでしょうか?

成功する確率は高い!?

二重整形は美容整形の施術の中では技術的にも比較的簡単なものですし、成功率は極めて高い施術です。
カウンセリングの時点で自分の希望をしっかり伝え、担当医と密なコミュニケーションを取って意志の疎通をはかれば、仕上がりが不満…という事態は避ける事が出来ます。

二重整形の持続期間!

髪がなびく女性1
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%AC%91%E9%A1%94&srt=dlrank&pp=40&p=3

二重整形の持続期間、現在施術を検討している方には気になるところですよね。
そこで埋没法と切開法それぞれの持続期間についてもお話しておこうと思います。

埋没法は10年以上持続(約50%の人)

「埋没法は取れやすい」と言いますが、実際は約50%の人は10年以上二重ラインをキープしています。
一般的には、瞼の脂肪が厚い人、留めた箇所が少ない人、幅の広い二重を形成した人ほど持続期間は短くなると言われています。

切開法は半永久的に持続

一方切開法は瞼にメスを入れ切開しますので、内部組織が癒着して二重ラインが形成されます。
そのため、一度切開法で二重にすると半永久的に二重ラインをキープする事が出来ます。
加齢とともに二重ラインがゆるんでくる可能性はありますが、形成したライン自体はそのままです。

二重整形は周りにバレやすい?

頭を抱えて見上げる女性
http://01.gatag.net/tag/%E5%9B%B0%E3%82%8B/

二重整形をしたいけれど、周りにバレやすい?と不安に思っている方も少なくないのではないでしょうか?
二重整形がバレやすいかどうかは、どのような二重ラインを形成するかによっても異なってきます
腫れぼったく分厚い一重だった人がいきなり、外国人風のくっきり二重になれば、やはり周りは整形を疑うかもしれませんが「アイプチ」や「メイク」で女性はかなり変わりますから、カミングアウトしたくない方は、それで貫き通す事も不可能ではないでしょう。
しかしダウンタイムを十分に取らないと、かなり不自然な目元で人に会うわけですから、当然バレる可能性は高くなります。
出来れば埋没法は1週間、切開法であれば2週間はダウンタイムを確保するようにしましょう。
また、目をつぶった瞬間に傷跡が見えて整形がバレる事もありますので、目を閉じた状態で写真を撮ってみて、コンシーラーで隠すテクニックを身につけるとよいですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

鼻尖縮小で解決できるお悩みは?気になる痛みや術後の経過、失敗事例や再手術など鼻尖縮小に関する全てのこと!

だんご鼻など鼻の形をコンプレックスに感じている人にとって鼻尖縮小の手術は、夢のような手術のように感じますが、実際に鼻尖縮小を行おうと思うと、術後の経過や痛みなどがとても気になるものです。鼻尖縮小の手術は、失敗はないのだろうか。不安や疑問を解消することができるように、鼻尖縮小の手術について成功事例だけじゃなく、失敗事例も含めて全てのことをお伝えしていきたいと思います。

多汗症の種類や手術方法!保険は適用可能?気になる後遺症や手術費用など多汗症手術の全てご紹介!

特別暑いわけでもないのに急に汗をかいてしまうことってありませんか? 汗をかくタイミングは、緊張するような場面に遭遇した時だったり、特別意識している訳でもないのに汗が出て止まらなくなったりと、原因や症状が統一されていないからこそ困ってしまうものです。このように暑いわけでもないのに何かが原因となってたくさんの汗をかいてしまう症状のことを「多汗症」と呼び、種類もいくつかあります。 多汗症の症状に悩まされているという人は多く、手術によって改善している人も実は多いのです。そこで多汗症の種類や手術方法、手術に関する疑問点などについて紹介していきたいと思います。

二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?

今日美容整形を受ける人の数は増加傾向にあります。 その中でも特に人気が高いのが「二重整形」です。 目は顔の印象を決める非常に重要なパーツなだけに悩む人が多いんですね。 この記事をご覧の方の中には、現在二重整形を受けるか悩み方という方も少なくないのではないでしょうか? しかしやはり気になるのは痛みや術後の経過ですよね。 そこで今回は「二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?」というテーマでお送りしたいと思います。

切開法による二重整形の施術方法とは?切開法のメリットや失敗事例、料金相場や評判の クリニックなど全て紹介!

最近ますます美容外科クリニックを訪れる人の数は増えており、様々な施術の中で特に人気が高いのが「二重整形」です。 二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がある事はみなさんもご存じだと思いますが、今回は「切開法」にスポットライトを当てて、気になる施術方法やメリット、そして知っておくべき失敗事例や料金相場について徹底的にご紹介させていただきます。

涙袋整形がばれるきっかけとは?気になる値段とおすすめの経過ブログ、 料金相場より安いクリニックを全てご紹介!

笑った時などに目の下にある膨らみが涙袋。 女優さんや可愛い人たちを見てみると、だいたい涙袋がぷっくりしてますよね。 涙袋一つで印象が劇的に変わります。”可愛い”や”優しい”印象を与えることができます。 いまは化粧などでわざわざ涙袋を書く人が多いですが、毎日書くのは面倒だし 安定しないですよね。すっぴんとの差も気になるところです。 そんな方におすすめするのが、涙袋整形!意外と安価でさくっとできちゃいます。 ですが、涙袋整形には落とし穴も…!! では、今注目の涙袋整形の良いところ・悪いところ、両方ご紹介します!

新着まとめ

最新の記事をご紹介!

アクセスランキング

人気のまとめ記事

関連する特集

新着の特集

スポンサー広告