Pictas
せきらら美容外科 > 目元・二重まぶた > 二重整形 > 切開法による二重整形の施術方法とは?切開法のメリットや失敗事例、料金相場や評判の クリニックなど全て紹介!

2017年06月29日更新

切開法による二重整形の施術方法とは?切開法のメリットや失敗事例、料金相場や評判の クリニックなど全て紹介!

最近ますます美容外科クリニックを訪れる人の数は増えており、様々な施術の中で特に人気が高いのが「二重整形」です。 二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がある事はみなさんもご存じだと思いますが、今回は「切開法」にスポットライトを当てて、気になる施術方法やメリット、そして知っておくべき失敗事例や料金相場について徹底的にご紹介させていただきます。
325 view

二重整形の切開法は2つ!

手術衣装で聴診器を耳にかける女医
http://publicdomainq.net/medical-doctor-woman-0007001/

「切開法」には2つの方法があります。
部分切開と全切開の2種類の方法です。
それぞれの切開法の施術方法とメリット・デメリットをご紹介させていただきいたいと思います。

部分切開

部分切開とはいわば「埋没法」と「全切開法」の中間に位置する施術方法です。
美容整形クリニックによって部分切開法、小切開法、ミニ切開法など、施術名が異なる事がありますが、目蓋の一部分にのみメスを入れる施術方法である事には変わりありません。

部分切開の施術方法

部分切開法は、目蓋の皮膚を数ミリ~数センチ、または数か所を切開し二重ラインを形成します。
また特に目蓋が腫れぼったい場合は、二重のヒダ部分の脂肪や皮下組織を一部取り除いたりする事で、理想の二重ラインを作っていきます。

部分切開のメリット

部分切開のメリットをご紹介していきます。

傷跡が小さい!

部分切開は目蓋の一部にのみメスを入れるので、傷跡が小さく目立ちません。

内出血や腫れも軽度!

メスを入れる部分が小さいため、それに伴い内出血や腫れも軽度で済みます。

埋没法より持続期間が長い!

埋没法は糸が外れてしまったりして、二重のラインは永久的ではありません。
しかし部分切開で作られた二重ラインはほぼ永久的です。
加齢によって二重の幅が狭くなったり、たるみによって目蓋が下垂する事はありますが、形成された二重ラインの持続時間が非常に長いと言えるでしょう。

部分切開のデメリット

それでは次に部分切開のデメリットをご紹介していきます。

埋没法よりは内出血や腫れが出る

糸で目蓋の数か所を留めるだけの埋没法に比べると、部分的とは言え目蓋にメスを入れる部分切開はその分、内出血や腫れといった症状が強く出ます。

全切開より二重の持続期間が短い

そして目蓋全体を切開して二重ラインを形成する全切開法よりも、二重の持続期間は短いといえます。
皮膚組織が密着するので、元の状態に戻ってしまう事はありませんが、加齢によって二重の幅が狭くなったりラインが下がってきたり、切開した部分に若干の窪みが出てしまう可能性があります。

全切開

全切開法は、希望する二重のラインに沿って目蓋の皮膚を切開し、脂肪や皮下組織を除去して縫合することで、希望の二重ラインを形成する方法です。
くっきりとした二重まぶたを形成出来き、腫れぼったい目元を解消する事が出来き、大幅なイメージチェンジが可能な施術方法です。

全切開の施術方法

全切開の施術は、まずは出来上がりの希望ラインを決め、そのラインに沿って切開をします。
その時に、眼窩脂肪(目の上の脂肪)が多い場合は、除去していきます。
これによって目の上の浮腫みが改善されます。
また全切開では、眼瞼下垂術を同時に行えます。

目蓋が目に覆いかぶさるようになっていて、目が小さく見える症状の緩和に非常に効果的です。
目蓋の中の瞼板に付着している眼瞼挙筋腱膜と言われる部分を短く縫いつけることで、目蓋が引きあがり、より目を大きくパッチリと見せる事が可能になります。

そして必要があればROOFと呼ばれる眼輪筋の下にある脂肪組織を切除する事も可能です。
ROOFを切除する事で、目蓋の厚みを減らしスッキリとした印象になります。

全切開のメリット

全切開法のメリットをご紹介していきます。

持続期間が長い!

最大のメリットは持続期間の長さです。
目蓋全体にメスを入れしっかりと二重ラインを形成していくので、半永久的な効果が期待できます。
二重ラインの形成と同時に、目蓋の脂肪を切除しくっきりとした目元を作るので、埋没法や部分切開法では対応できなかった目元でも、理想のラインを作る事が出来ます。

幅広いくっきり二重ラインが出来る!

希望の二重ラインに沿って目蓋全体を切開するので、外国人のような幅広いくっきりとした二重ラインの形成が可能です。
他にも、奥二重、末広型二重など自分の希望したラインを実現できるなど、より自分の理想に近いラインに仕上げる事ができます。

全切開のデメリット

それでは次に全切開のデメリットをご紹介していきます。

目が閉じなくなる場合がある

全切開法は稀に「閉瞼障害」と呼ばれる目が閉じなくなる症状が出る事があります。
これは主に施術による腫れが原因なので、腫れが完全に落ち着けば約半年ほどでまた元通り目はと閉じるようになりますが、皮膚を大きく切除し過ぎたり、脂肪を摂り過ぎた場合などにも起こる事があります。

術後から完全に治るまでの期間が長い

全切開は埋没法や部分切開に比べ、ダウンタイムが長いのが一般的です。
目蓋全体に大きくメスを入れるため、完全にラインが安定するには数か月かかる事もあります。

二重整形(切開法)をする際の料金相場!

白い電卓
http://sozaing.com/photo/%E7%99%BD%E3%81%84%E9%9B%BB%E5%8D%93.html

二重整形を考えている方にとってやはり気になるのは施術料金ではないでしょうか?
自費治療となるため、美容クリニックによって施術料金にはかなりの差が生じますが、部分切開の場合は20万円前後、全切開の場合は20~30万円が相場と言われています。
全国に分院を持つような大きなチェーン美容クリニックなどは、これを下回る施術料金のところもありますし、逆に相場の倍以上を設定しているクリニックもあります。

整形後のダウンタイムや術後の経過

外国人女性http://01.gatag.net/tag/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%A5%B3%E6%80%A7/?ssort=__reaction_buttons_1__________-pm&sdir=desc

二重手術の場合、整形後に必要になるダウンタイムは各切開法で異なってきます。
術後の経過と一緒にご説明していきます。

部分切開のダウンタイムは1週間!

部分切開の場合、体質などによって異なってはきますが、ダウンタイムはおよそ1週間です。
術後の腫れは個人差が大きく、泣いた後に目が浮腫んでいると程度から、目が閉じないほど腫れるという人までそれぞれです。
施術を受けてから、だいたい1週間で抜糸が行われますが、この頃になると内出血もだいぶ落ち着いており、コンシーラーで隠せるレベルになっている事がほとんどです。
約1か月で腫れも痛みもおさまり、3か月程度で完成するとみてよいでしょう。

全切開のダウンタイムは1~2週間!

全切開の場合は、部分切開に比べ切開する範囲が大きいため、その分ダウンタイムも長くなる傾向があり、だいたい1週間~2週間と言われています。
部分切開同様、施術後1週間で抜糸が行われますが、この時に出血すると腫れがおさまらず更にダウンタイムが必要になる事があります。
術後後の腫れはやはり個人差が大きいのですが、最初の3日は誰にも会えないくらい大きく張れる人が多く、完全にラインが固定され完成するには6か月程度必要と言われています。

各切開法の傷跡は?

これから切開法で二重手術をしようと考えている方にとって気になるのが「傷跡」だと思いますが、各切開法の傷跡は以下の通りです。
部分切開は約「1cm」程度
全切開法では約「2.5~3cm」程度です。

大きく感じるかもしれませんが、二重のラインがしっかり安定してくれば隠れて見えなくなる事がほとんどです。

切開法の術後の痛みは?

切開法の術後の痛みですが、どんなものを想像されていますか?
術中は局所麻酔が効いているため、痛みはありませんが、術後麻酔がきれると多くの人は、 ヒリヒリ・ジンジン・ズキズキという痛みを感じるようです。
しかし、これは強い痛みではなく、鎮痛剤を飲めばおさまるので心配しないでくださいね。
術後に、抗生剤と一緒に鎮痛剤は処方されますし、市販の鎮痛剤でも対応できるレベル、と思って良いでしょう。

切開法の二重整形後の修正は6ヶ月以降から

切開法で二重手術を受けたけれど、理想の目元にならなかった…こんな場合は修正が可能です。
しかし、部分切開では3か月(最短)、全切開では6か月ほど二重ラインが完成するまでに時間がかかります。
それ以前ですと、まだ腫れが残っていたり、内部組織がしっかり癒着していないため、最終的な仕上がりラインには至っていないため、修正が必要かどうかはわかりません。

そして6か月待たずに修正施術を受けると、傷に傷を重ねる事になり、さらに完成までに時間を要してしまうので、焦る気持ちなどもあるとは思いますが、執刀医の診断をあおぎながら、修正は6か月以降にする必要があります。

切開法の術後の経過がよく分かるおすすめのブログ!

切開法の概要についてはだいたいおわかりになったと思いますが、実際に切開法を受けた人のブログは気になりますよね!
そこでオススメのブログを2つご紹介したいと思います。
二重 小切開(部分切開)経過ブログ

小切開(部分切開)法を受けた女性のブログです。「術後○日」というように頻繁に画像がアップされているので、これから施術を受ける方には参考になるのではないでしょうか。
二重全切開の経過ブログ

こちらは全切開を受けた女性のブログです。この方も小まめに画像をアップされているので、大変参考になります。
傷跡の経過や浮腫み具合も詳細に書かれていますよ!

切開法での二重整形が失敗する確率はどれくらい?

落胆する女性3
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%98%86%E3%81%8F&srt=dlrank

これから切開法で二重整形をしたいと考えている方の中には「失敗する可能性」を知りたいという方もいるのではないでしょうか。
二重整形の手術は満足度が高く失敗する確率はかなり少ない手術と言われています。

成功する確率は高い!?

切開法による二重整形の施術は、しっかりとした自分の希望を執刀医に伝え、カウンセリングを行うことでかなり成功率が高くなります。
逆に希望したラインにならなかった…という場合では、実際に施術がうまくいかなかったというより、医師が十分な説明を行っていなかったり、医師との間でコミュニケーションが取れていなかった場合がほとんどです。

切開法での失敗事例やリスク

と言っても、500人に1人程度の割合で以下ような失敗が起こる可能性があります。

目の開きが悪くなる場合がある

通常は腫れが完全に引き、二重ラインが完成すると目が開きにくいという問題も解決されますが、極稀に、施術後一定期間が経過しても目の開きが悪いままという事があります。
この場合は、修正をする事で解決される事があります。

二重のラインが取れてしまう場合がある

切開は、目蓋にメスを入れ組織同士が癒着する事でラインを作りますから、理論的に二重のラインが取れてしまう事はないのですが、幅が十分でなかったりすると腫れの落ち着きとともに、二重の幅がどんどんせばまり、結果的にラインが取れてしまったように見える場合があります。

左右の違いが出る場合がある

左右同じように切開したにも関わらず、仕上がってみたら(晴れがひいて二重ラインが安定したら)左右に違いが出る場合があります。
これも術後6か月を待って再修正を行うことで改善されます。

感覚の低下を感じる場合がある

また皮膚を裁断する際に、神経や血管を巻き込み、それが原因で目蓋の感覚が低下してしまう場合もあります。

目蓋がくぼむ場合がある

二重ライン形成の際に、目蓋の脂肪を取り過ぎてしまうと、その部分が窪んでしまう場合も数こそ少ないですが症例として報告されています。

傷跡が目立つ場合がある

また切開跡が目立ってしまうという例も稀に報告されています。
通常では、ダウンタイム期間が過ぎれば傷跡の腫れは落ち着いてくるものですが、皮膚が硬く盛り上がったり、赤みが引かないという場合があります。

切開法による二重整形の成功談&失敗談

目標を達成した女性のイメメージ
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88&srt=dlrank

ここでは、他の人の体験談を一緒に見ていきましょう。
切開法による二重整形の成功談と失敗談をそれぞ3つずつご紹介していきたいと思います。

成功談

満足度が高いと言われている切開法による二重整形の成功談をご紹介します。

成功談①

小さな頃から、小さなで一重の目がコンプレックスでした。
社会人になって埋没法をしたのですが、すぐに取れてしまったり、想像したような二重にならなかったので、カウンセリングに行って部分切開をする事にしました。
全切開よりもダウンタイムが少ないと言われ決意したのですが、術後はかなり腫れました。
直後はガチャピンのような超幅広で目蓋全体が腫れていましたが、抜糸が終わる頃には腫れも落ち着き、3か月くらいで自然な幅の二重になりました。
ノーメイクでも目元がパッチリしていて、コンプレックスだった目がチャームポイントになりました!

成功談②

一重でさらに目がはれぼったく暗い印象だった目をなんとかしたくて、いくつかクリニックをまわったのですが、どこでも全切開をすすめられたので、その中でも比較的施術料金が安めのクリニックで施術を受けました。
目蓋が厚く脂肪の量が多いということで、二重だけではなく、この脂肪の切除もお願いしました。
結果的に、凹凸のある外国人のような華やかな目元になり大満足です。
今度はこの目に合わせて、鼻も高くしたいと計画中です。

成功談③

部分切開法で二重にしました。アイプチ生活から解放されて満足です

https://twitter.com/nyp1t/status/852006546250661888
(引用:ツイッター)

失敗談

憂鬱/落ち込む
http://free-photos.gatag.net/tag/%E6%86%82%E9%AC%B1-%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%82%80

残念ながら施術が失敗に終わったという体験談もネット上では見受けられます。
その中から3つご紹介していきたいと思います。

失敗談①

あくまで自然な感じの二重にしたく、施術前にも何度も執刀医に確認したのですがTHE整形という目になってしまいました。
二重の幅が不自然に広く、修正も検討に入れています。

失敗談②

体質だと思うのですが、術後半年を過ぎるのに切開跡がボコボコしていて、軽いケロイドのようになっています。
痛みはありませし、目を開けている分にはわからないのですが、目を閉じるとボコボコが見えてしまいます。
皮膚科でレーザー治療を受けるべきか悩んでいます。
ケロイド体質になりやすい人は注意をした方が良いかもしれません…

失敗談③

幅広型の外人風な派手な目元にしたかったのに、腫れが引いていくに従い二重の幅が狭くなっていき、結果的には奥二重のような地味な感じの仕上がりになってしまいました。
周りからは「メイクを変えた?」と聞かれる程度なので、大きくイメージチェンジをしたかった私としては不満が残ります。

切開法は周りにバレやすい?

口元を隠す
http://01.gatag.net/tag/%E5%8F%A3%E5%85%83%E3%82%92%E9%9A%A0%E3%81%99/

「切開法は周りにバレやすい」なんていう事を聞いた事がありませんか?
実は、これは正しくもあり間違ってもいます。
元の状態からあまりに違う状態の二重にすると、明らかに整形をしたとバレてしまうのは仕方がないとも言えます。
また、稀に切開跡が赤く残っていたり、ボコボコになっている場合は、目をつぶると切開跡が見えて切開したとバレやすいと言えます。

気になる大手クリニックの料金や評判は?

フェミークリニック
https://gorillajyoshi.com/2323

それでは気になる大手クリニックの料金や評判についてお話ししていこうと思います。

品川美容外科

クリニックの概要

品川美容外科は全国に42の分院を持つ大手美容外科クリニックです。
業界No1とも言われている施術料金の安さも人気の秘密です。

二重整形(切開法)の料金

切開法の施術料金は以下の通りです。
-部分切開・全切開-(品川美容外科は切開法は「二重術切開法」という名称で、切除の範囲に関わらず施術料金は同じです。
片目60,180円(税抜き)両目90,740円

###口コミ
何と言っても施術料金が安いので、品川美容外科を選びました。
でもカウンセリングは無料でしっかりしていて、術前の説明にも不備がなく、安心して施術を受ける事ができました。
二重術切開法を受けたのですが、一年間保証付きなので不安はありませんでした。
クリニックは清潔で、待たされる事もなく、術中の痛みもほとんどなく、仕上がりにも満足です。

湘南美容外科

クリニックの概要

湘南美容外科もまた全国に61の分院を持つ大手美容クリニックです。
紹介リピーター率は90%を超え、施術料金の手ごろさと確かな技術力で人気を呼んでいます。

二重整形(切開法)の料金

湘南美容外科は「部分切開法」にあたる施術はありません。全切開法で執刀医と相談しながら切開ラインを決めていきます。
-全切開-191,5060円(税抜き)

口コミ

「もっと早くやれば良かった」施術の後、私は何度もそう思いました。
施術中は麻酔のチクっとした痛み以外はまったくの無痛で、施術が終わった後もほとんど痛みは感じませんでした。
希望した通りのナチュラルな二重ラインになって、メイクが楽しくなりました。
腫れは最初の3日がピークで10日くらいで、気にならないレベルにまで落ち着きました。
長年のコンプレックスから解放され、友達にもやるならココ!とすすめています。

共立美容外科

クリニックの概要

共立美容外科は全国21院を展開する美容外科クリニックです。
幅広い施術メニューと最新技術を導入した強い技術力に定評があります。

二重整形(切開法)の料金

共立美容外科クリニックの切開法には部分切開と全切開の二種類があり、それぞれ施術料金が違ってきます。
-部分(ミニ)切開-
270,000円(税込み)
-全切開-
324,00円~540,000円(税込み)
たるみの程度で施術料金が変わります。

口コミ

共立美容外科で全切開法による二重施術を受けました。他のクリニックに比べ施術料金は高めだと思いますが、結果には大満足です!
カウンセリングの時に、じっくり理想の目のラインを伝える事が出来、ドクターが丁寧に質問に答えてくれたので、安心して施術を受ける事が出来ました。
施術中もたくさん声がけしてもらい不安はありませんでした。
痛みも腫れも想定通りで、抜糸後から腫れは引き始め、私の場合は3か月でだいたい安定しました。
理想の平行型の二重瞼になれて非常に満足しています。
加齢による目蓋のたるみも少しあるという事で、皮膚を切開してもらったので、目元がスッキリして、アンチエイジング効果もバッチリでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

鼻尖縮小で解決できるお悩みは?気になる痛みや術後の経過、失敗事例や再手術など鼻尖縮小に関する全てのこと!

だんご鼻など鼻の形をコンプレックスに感じている人にとって鼻尖縮小の手術は、夢のような手術のように感じますが、実際に鼻尖縮小を行おうと思うと、術後の経過や痛みなどがとても気になるものです。鼻尖縮小の手術は、失敗はないのだろうか。不安や疑問を解消することができるように、鼻尖縮小の手術について成功事例だけじゃなく、失敗事例も含めて全てのことをお伝えしていきたいと思います。

多汗症の種類や手術方法!保険は適用可能?気になる後遺症や手術費用など多汗症手術の全てご紹介!

特別暑いわけでもないのに急に汗をかいてしまうことってありませんか? 汗をかくタイミングは、緊張するような場面に遭遇した時だったり、特別意識している訳でもないのに汗が出て止まらなくなったりと、原因や症状が統一されていないからこそ困ってしまうものです。このように暑いわけでもないのに何かが原因となってたくさんの汗をかいてしまう症状のことを「多汗症」と呼び、種類もいくつかあります。 多汗症の症状に悩まされているという人は多く、手術によって改善している人も実は多いのです。そこで多汗症の種類や手術方法、手術に関する疑問点などについて紹介していきたいと思います。

二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?

今日美容整形を受ける人の数は増加傾向にあります。 その中でも特に人気が高いのが「二重整形」です。 目は顔の印象を決める非常に重要なパーツなだけに悩む人が多いんですね。 この記事をご覧の方の中には、現在二重整形を受けるか悩み方という方も少なくないのではないでしょうか? しかしやはり気になるのは痛みや術後の経過ですよね。 そこで今回は「二重整形の痛みや術後の経過、痛みを軽減する方法とは?」というテーマでお送りしたいと思います。

切開法による二重整形の施術方法とは?切開法のメリットや失敗事例、料金相場や評判の クリニックなど全て紹介!

最近ますます美容外科クリニックを訪れる人の数は増えており、様々な施術の中で特に人気が高いのが「二重整形」です。 二重整形には「埋没法」と「切開法」の2種類がある事はみなさんもご存じだと思いますが、今回は「切開法」にスポットライトを当てて、気になる施術方法やメリット、そして知っておくべき失敗事例や料金相場について徹底的にご紹介させていただきます。

涙袋整形がばれるきっかけとは?気になる値段とおすすめの経過ブログ、 料金相場より安いクリニックを全てご紹介!

笑った時などに目の下にある膨らみが涙袋。 女優さんや可愛い人たちを見てみると、だいたい涙袋がぷっくりしてますよね。 涙袋一つで印象が劇的に変わります。”可愛い”や”優しい”印象を与えることができます。 いまは化粧などでわざわざ涙袋を書く人が多いですが、毎日書くのは面倒だし 安定しないですよね。すっぴんとの差も気になるところです。 そんな方におすすめするのが、涙袋整形!意外と安価でさくっとできちゃいます。 ですが、涙袋整形には落とし穴も…!! では、今注目の涙袋整形の良いところ・悪いところ、両方ご紹介します!

新着まとめ

最新の記事をご紹介!

アクセスランキング

人気のまとめ記事

関連する特集

新着の特集

スポンサー広告